散骨を選ぶメリットについて

散骨の大きなメリットとして、費用面が安く済むこと、生前からの希望を叶えることができる、後継者問題の心配がいらないなどがあります。



一般的な墓石型の墓を建てる場合、最低でも100万円は必要となり、地域などによっても金額は高くなります。
その点、散骨の場合は、粉骨費用と船のチャーターなどを合わせても20万円前後から行うことが可能です。

以前は、海や山に散骨をしたくてもできない状態でしたが、1990年に入った頃から公認され始めました。

まくことができる場所には、決まりがあり、他人の私有地や条例で禁止されている自治体、海や川などの漁業権が付与された場所などでまくことはできないとされています。



自分の私有地や業者の管理している墓所、公海上であれば、まいても構わないとされています。


現在では、船をチャーターし、海岸から十分に離れた海もしくは、私有地の山林などでまくことがほとんどです。


ただし、自分の私有地であっても遺骨を埋葬することはできず、あくまでも散骨のみができるとされています。

また、自分の庭先であっても、刑法としては違法でないという見解であっても、民法の場合は近隣の住民に不動産価値の下落分や精神的な慰謝料について訴えられる可能性は否定できません。

@niftyニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

墓は、各世帯に一墓が主流です。


一人っ子同士が結婚した場合は、4つの墓を維持管理する必要があります。散骨を行うことにより、墓の管理について悩む必要がなくなります。