海洋散骨の種類について

お墓に限定しない自然な葬送の形に散骨がありますが、選ばれる理由としては故人の遺志や遺族の思いがあり、例えば、故人が自然が好きだったことや、生前より希望をしていたこと、子供たちに将来にわたっての負担をかけたくないことなど、それぞれに理由があります。



広く知られている散骨の方法に海洋葬があります。

海洋葬は、一般的には専門の業者に委託をすることで執り行われており、ここでは遺骨をパウダー状にし海にまくことで葬送が行なわれます。


種類としては3つのタイプがあり、まず、個人で行う方法があります。
ここでは、故人の遺族や親族のみで船を貸し切って行う方法となり、他に気を使うことなくお別れをすることができるメリットがあります。


融通もきくために満足のいくお見送りをすることができるようになっていますが、反面、費用が高上がりになるという難点があります。

次に、合同による方法があります。
複数のグループで船に乗り合わせて行う方法となり、他の家族と同時に散骨を行ううことになるために、人によっては集中できないといった面があります。

朝日新聞デジタル関連の情報をたくさん掲載しています。

最大のメリットとしては金銭面での負担が少ない点があり、人数が多くなることから比較的大型の船のケースも多く、揺れが少ない点や装備が充実していることもメリットとなります。



3つ目としては代行による方法があります。

業者に委託をすることで散骨を行う方法となり、ここでは、専門のスタッフが責任を持って行う内容となります。

海洋葬に参加が難しい場合などにはとても助かり、執り行った様子に関しても記録の写真を用意してくれます。