故人の遺志を尊重する散骨について

散骨とは、故人のご遺体を火葬した後の焼骨を、粉末状にして、海や山、空などに撒く葬礼です。日本では、火葬が一般的で、遺骨を骨壺に入れて、お墓に納めるのが一般的ですが、「死後は海に眠りたい」など、故人の遺志を尊重する場合や、事情があって、お墓に入れない、お墓を持てないという場合においては、散骨で故人を葬るという方法もあります。

エキサイトニュースについて正しい知識を持つこと重要です。

しかし、かつては、墓地以外の場所に遺骨や焼骨を埋葬することは違法とされていました。1991年に、墓埋法の見直しがあり、海や山に撒くことは法律の対象外ということで、許可されることになりました。
故人が、海や山が大好きだったという理由で、海や山に撒きたいという方もいらっしゃると思います。
しかし、その際にも、節度ある散骨を心がけて下さい。

海に撒く場合は、漁場や航路は避け、海岸から遠く離れた人目につかない沖合で撒くようにして下さい。

そして、山などの陸地の場合は、散骨の許可が下りた指定の場所に撒くようにして下さい。



近年、散骨を選択する人が増えている背景としましては、高齢化、少子化、都心部での墓地不足なども関係しています。



お墓をずっと守っていくことは大変なことで、子供たちにお墓の管理で迷惑をかけたくないという理由からも、選ばれています。
また、命あるものを自然に還すという意味では、最も自然な葬り方であるとも言えるでしょう。


墓地に納めるのが当たり前という固定概念が少しずつ薄れ、人それぞれの価値観が尊重されつつあるのです。