散骨の概要と種類について

遺骨を個人の遺志などにより、海や山にまく方法として散骨があります。



行うにあたっては墓地法においても規定がなく、希望ヲする場所の規定を守ることで自由に行うことができるようになっています。


準備としては、遺骨を粉末状にする必要がありますが、一般的には専門業者に委託をすることで行われており、ここでは、様々な手続に関しても代行をしてくれます。


散骨にはいくつかの方法がありますが、1つ目としては海洋葬を上げることができます。

海洋葬には、個人で船をチャーターして行われる場合や複数によって行われる場合、また、代行依頼をすることで行われる3つの方法があり、それぞれ必要となる料金も異なってきます。



また、行うにあたってあ雰囲気も異なるために、事前に内容を確認した上で申込をする必要があります。2つ目としては樹木葬があります。

樹木葬では、遺灰をまいた上に木を植えることで行われることになり墓地としての許可は必要ありませんが、行う場合には所有者からの承諾が必要となり、仮に、自分の所有地に行う場合でもトラブルなどが起きないように、近隣には十分に配慮をする必要があります。

樹木葬に関しては、散骨には当たらないものの遺骨を直接地下に埋葬をし、そこに墓標として植樹を行う方法も行なわれており、この場合には一般的な埋葬と同様な手続きが必要となります。
散骨の方法としては、一般的ではないものの、他に、モンブラン葬や宇宙葬といった方法があり、ここでは、ヘリコプターによるモンブラン上級からの散骨や衛星ロケットを使用して宇宙に運ぶ葬送となっています。

共同通信社の検索がとっても楽になりました。